転職する前に知りたい!WEB制作とデザイナーの違い

>

もし転職を希望するなら

年収が多いのはどちら?

WEB制作会社は企業の規模によって仕事量や分業が発生します。
様々なサイトの制作を行うため、経験を積んだりスキルアップしたりすることも可能ですが、企業によって請け負う仕事の規模や内容の差が案件ごとに大きく、年収もまた異なります。
年収は平均300万円から400万円ほどになります。
アルバイトや派遣社員として働く場合には業務の専門性によって時給が異なり、年収にも変動が出ます。
ちなみに未経験のアルバイトとして、アプリのバグチェックに携わることがありましたが、コーディング画面を見たときは何が書いてあるかわからず混乱したのをよく覚えています。
その際の時給は900円くらいでした。
フリーランスとして働くWEBデザイナーは、スキルと案件の種類、こなす数によって収入に大きな違いがあり、年収は人それぞれになります。

独立をめざすなら

もし独立して事業を始める場合は、営業や経理など会社で分業していた業務もすべて自分で行う必要が生じるので、思っている以上に多くのスキルが必要になります。
経験やセンスがある人なら1000万円以上の年収を稼げること現実的に可能ですが、その場合はWEBデザイナーというよりは経営や営業がメインの仕事になってくるため、「WEB制作」ではなく「WEBデザイナー」として活動したいなら、フリーランスとして個人で独立するのが一番です。
近年はSNSで自身の情報を発信しやすくなっているため、ポートフォリオや職務経歴などを公表しておくと、依頼だけなら取りやすくなると考えられます。
問題は仕事をやり遂げられるかどうかです。
学ぶことが多く、持続的にスキルアップしたりと継続的な努力を要する仕事ですが、勤勉に取り組めば道は開けるかと思います。
自分の「好き」を仕事にできるよう、独立を目指してみてください。


この記事をシェアする