転職する前に知りたい!WEB制作とデザイナーの違い

>

求められるものとは

WEB制作で求められるスキルや能力

現状として数多くのWEBサービスが存在し、その数だけ業種が存在するため「WEB業界」におけるWEB制作の現場では、分業が主流です。
例えばプロジェクトの管理や指揮をする「WEBディレクター」を目指すなら、コミュニケーション能力が必要になります。
この職種はクライアントの要望をもとに企画立案と調整を行い、スケジュール管理などプロジェクトの統括管理に関わる重要な役職です。
時間にルーズや期限が守れない方には向かない職種だと言えますね。
なお、WEB上に表示されるホームページ制作に携わる際には、必ずコーディング作業が付いてきます。
コーディングとは『HTML』や『CSS』などの言語を使ってWEBページを作成することを言い、基本的に『HTML』と『CSS』を使えればどれも難しくはありません。
しかしながら会社ごとに使うソフトが違う場合があるので、豊富な知識と勤勉さが求められます。

WEBデザインで求められるスキルや能力

WEBデザイナーの仕事と聞くと、デザイン作業のみを想像する人もいるかもしれませんが、企画から実装まで幅広い業務を担当します。
サイトのイメージや構成を固めていき、基本となるワイヤーフレームの作成を行います。
ワイヤーフレーム(ワイヤーとも呼ばれる)は、ホームページのレイアウトを決める設計図のようなものと考えてください。
ワイヤーフレームが決定したら、実際にカラーリングやレイアウト・ロゴを含めてデザイナー専用のソフトを使用しつつデザインしていきます。
使うデザインソフトで有名なのは『Illustrator』と『Photoshop』です。
そして作った完成見本をクライアントへ提出するのですが、相手が希望しているデザインのイメージを汲み取ることができなければ、やり直しや再提出を繰り返す羽目になります。
なお、WEBデザイナーはデザインするだけでなく、併せてWEB技術への理解なども必要とします。


この記事をシェアする