転職する前に知りたい!WEB制作とデザイナーの違い

>

WEB関連の職種は人気

WEB制作の主な業務

WEB制作とは、WEBサイトの制作に必要な業務の全般に関わる職種です。
仕事内容は多くて大変です。
大まかにですがWEB制作の主な流れを挙げていますので、仕事へのイメージづくりの参考にしてみてください。
まず、クライアント(企業・個人)から依頼が来ますので、依頼内容や要望のヒアリングを行います。
利用者は常により良い品質の物を探しているため、市場を調査したり他社との競合分析を行うことで自社の強みや改善点を見い出しつつ、要件の設計に必要な情報や条件を収集します。
そしてデザイン制作とコーディングなどによるシステム開発をし、正しく動くかのテストをするという流れになります。
WEBデザインは、主にこのWEB制作の業務の中では「デザイン設計」に当たるので、比べてみると業務量にかなりの違いがあることが分かるでしょう。

WEBデザイナーの主な業務

WEBデザイナーは、企業や個人などのクライアントから依頼されたWEBサイトのデザインを担当・制作する仕事もしくは職種です。
クライアントが要望するサイトを制作できるよう構成を考えたり、使い勝手の良いデザインで不特定多数の利用者に魅力が伝わるような「特定ページを制作」したりする業務ですが、デザインが見づらかったり利用者が使いにくかったりするサイトとなった場合、その仕事は成功とは言えないでしょう。
補足ですが、WEBデザイナーは「サービス業」に含まれます。
WEB制作とデザインは全く別物というわけでもなく、むしろ使用する技術やツールは共通するところもあり、それら両方を習得できれば「より整ったサイトを作れる」という有能な人材として判断されます。
何を勉強すればいいか分からないといった方は、業務に共通するインターネットツールの使い方を学ぶところから始めると理解が早いかもしれません。


この記事をシェアする