転職する前に知りたい!WEB制作とデザイナーの違い

WEB業界に転職!デザイナーとWEB制作の違いは?

WEB関連の職種は人気

WEBに関する仕事でも、その業務は多岐にわたり内容にも違いがあります。 今回はWEB制作とデザイナーの仕事内容の違いと、業務において気をつけるべき点をご紹介します。 漠然としたイメージだけでは、転職した際に仕事内容や分量などのギャップで失敗することもあり得るので、目を通していただきたい内容になっています。

求められるものとは

WEBデザイナーもしくはWEB制作に関わる仕事に就きたい!と思って「何の知識も無い」状態で就職活動をするというのは、大変な危険が伴います。 未経験からの転職を目指すなら、仕事内容や必要なスキルについてあらかじめ把握したり、勉強しておくことを強くおすすめします。

もし転職を希望するなら

みなさんは転職の際に、制作会社またはフリーランスのどちらで働こうとしていますか?スキルを磨くことも大切ですが、どのように働こうか明確なビジョンがまだ思い浮かばず悩んでいるなら、勤務形態別にWEB業界の年収やメリット・デメリットについてお伝えしますので、参考にしてみてください。

同じIT業界でも多種多様な業務

IT業界は5つの業界に分けられており、インターネットに関連するあらゆる事業のことを指しています。
(WEB業界・ハードウェア業界・通信業界・情報処理サービス業界・ソフトウェア業界)
そして「WEB業界」の主な仕事は、WEBサイト制作や自社のWEBサービスの制作・運営で、WEBデザインやサイト内のコーディング、スマートフォンアプリやゲーム等のシステム開発とその保守、インターネット上のメディアの運営など、WEBブラウザを使った制作やサービス全般に携わるものを言い、WEB業界=『IT業界に内包される一分野』と覚えておきましょう。
コロナ下で外出控えが起こり実店舗の売り上げが落ちる中、ネットショッピングや音楽配信サービスなどのECサイトからの出費や需要が高まったことから、WEBデザイナーやWEB制作に目を向ける方達が増えていることも考えられます。
今後もインターネット上の取引が増え続ければ、WEBサイトの制作もデザインの仕事も継続して注目される可能性があります。
現状リモートワークや在宅勤務も可能なWEB制作やWEBデザイナーは、既に人気な職種の一つです。
しかしながら上記仕事内容は分業で行われることも、一人ですべての業務を行わなければならない場面も発生するので、会社の規模や職員の技術力によって仕事の難易度が異なり、フリーランスの場合は更に難易度が跳ね上がります。
大抵の場合、全ての業務を行える人員が揃っている方が少ないので、仕事内容をきちんと理解できているか否かで、業務についていけるか・納期に間に合わせられるか等に影響してくるので注意が必要です。